のぼり屋工房の益々繁盛ブログ

のぼり旗を中心とした販促物を企画製造販売するメーカー『のぼり屋工房』のブログです。
弊社は原則としてユーザー様への直接販売は行っておりません。
弊社が魂を込めたのぼり旗を、ユーザー様にどのようにお使い頂きたいか、その想いを販売代理店様向けに綴って参ります。

のぼり旗にとって最も重要な「デザインという要素」をお客様に丸投げし、責任放棄とも取れる安売り合戦は結果的に「のぼり旗の価値」を底まで下げる現状を作りました。
弊社は、のぼり旗の正しい価値の復活を目指し、既製品のぼり旗メーカーの意地と誇りを、このブログで示していこうと考えています。

カテゴリ: その他雑記

今日のお昼は定食屋さんで。

メニューが多いところは悩みますよね。


image


選んだのはメンチカツ。

お店の手作りでボリュームもある。

せっかくならもっと売り出してみませんか?

のぼりで。

image
商品No.SNB-4402
手づくりメンチカツ


こんなのぼりをたてるだけで絶対違うと思いますよ。

こののぼりはお肉屋さん向けにデザインしたのですが、定食屋さんにもぴったりです。
手作り感がかなりでます。

街の定食屋さんは日替りでのぼりを変えるのも良いですね。

是非。

家族で個人経営の居酒屋さんに行った話。

日曜日の夕方、予約してない自分が悪いのだが、予約でいっぱいだった。

予約で席がいっぱいの時は、何か告知して欲しいね。




こんなときは


商品No.485
お席のご予約承ります


こんなのぼりを入り口に立てておくといいのでは?

これなら予約してないほうが悪いと思わせる良い方法では(笑)

自分が悪いのだが、自分のようにふらりと入って来るお客さんもいるので。

こののぼりは回転寿司屋さん向けに作られた商品ですが、居酒屋さんにも良いですね。


こんな事を感じた日曜日の夕方でした。

つけ麺を食べに行ってきました。

お店の名前は出せませんが、
こんなサービスのお店って増えましたよね。


麺の量に関係なく同じ価格。

男性には嬉しいサービスだ。

今日はガッツリ食べたいななんて人が
こんなのぼりを見たら入りたくなりますよね。



つけ麺の写真撮ってみました(笑)























太麺は美味しくいただきました。





商品No.SNB-2133
大盛 中盛 並盛全て同じ価格です

立ててみませんか?

サービス内容を打ち出すのも、のぼりならではの販促です。

今日は、築地に行って来ました。

観光地となっているので凄い人の数だ。

さっそく海鮮丼をいただく。























美味しく頂きました(笑)



海鮮丼といえば、のぼりでしょう。



商品No.SNB-3717
海鮮丼

こののぼりのデザインも好きですね。

海鮮丼といえば、青色をベースにとなるのが一般的ですが、今回は敢えて赤。

マグロをイメージできて、なんといっても迫力が出る。

日本人は海鮮丼好きですからね。

ランチの定番 海鮮丼

居酒屋さんからお寿司屋さんまで、
ランチは海鮮丼でしょう。

是非こののぼりで、集客を上げて下さい。


地方の個人のラーメン店さんの販促について少しだけ。

よっぽどの有名店でない限り、どのようにして売上をあげるかを考えているだろう。

場所にもよるが、繁華街でない限りは
やはりお昼の集客をどうあげていくかが鍵になる。

[ラーメン]と書いたのぼりと
[ランチやってます]の、のぼりだと印象が
かなり変わります。

普通のラーメン店はお昼も夜も同じ価格ですよね。

でもお昼は少しでも安くすませたいのでは?

お昼にお得感が出せれば違います。































商品No.4597
[ランチ限定 ラーメンセットやってます]

限定という言葉がいいですね。

日本人は限定に弱い(笑)

お得な印象がないですか?

オススメします。

こののぼりは筆文字を使用し、迫力があるのぼりのデザインにしました。

ランチセット780円から

このくらいの価格設定に向けたのぼりです。

ガッツリ食べたい雰囲気がでると思います。

そんな色にしています(笑)






↑このページのトップヘ