平素は弊社製品をご愛顧賜り厚く御礼申し上げます。

のぼり屋工房株式会社の社長の玄馬です。

gemba


普段は歩く広告塔として、全国の販売代理店様のもとにお伺いさせて頂いておりますが、日々のご訪問ではなかなかお伝えしきれない部分もございます。

例えば、製品に対する考え方や新商品の案内など、我々の『メーカーとしての思い』がそれに当たります。

また、このブログを通して、弊社の考える『商売繁盛の支援とは』も、お伝えしていければと考えています。

是非ご参考にしてください。

弊社は個人の飲食店様向けの、のぼり旗の企画販売メーカーとしてスタートしました。

現在は飲食店様以外の、のぼり旗も増えていき、またのぼり旗以外の商品も増え販促用品の総合メーカーとして日々努力しております。

当初のビジネスモデルから複合型に変化していきましたが、この度は弊社の基本となる飲食店様向けの、のぼり旗についてご説明します。

まずはのぼり旗とは?

我々は、こののぼり旗を「商売をする上で命の次に大事な物」と考えております。

実際にその昔、関ヶ原の戦いにおいて、こののぼり旗は命よりも大事なものとして扱われていました。

sengoku


なぜ?

戦国時代の合戦においてのぼり旗は、敵味方を区別する重要な役割をはたしていました。

もしのぼり旗がなければ、敵はもちろん味方からも狙われる危険があるからです。

実際に、のぼり旗を狙って竿を刀で切るという行為もあったと言われています。

のぼり旗を失うことは死を意味することだったのです。

そんな大事な「のぼり旗」を店頭に掲げるということは「商売をしていく上で命をかけてます」という意思表示だと考えています。

弊社は社名の通り、こののぼり旗の企画に命をかけて商売繁盛の支援業としての使命をはたしていく会社でございます。

以上、弊社の基本の考え方でした。

いきなり熱い展開で始まりましたが、今後はもうちょっと砕けた感じで進めたいと思います。

最初なので気合が入りすぎたと思ってください(笑)