のぼり屋工房の益々繁盛ブログ

のぼり旗を中心とした販促物を企画製造販売するメーカー『のぼり屋工房』のブログです。
弊社は原則としてユーザー様への直接販売は行っておりません。
弊社が魂を込めたのぼり旗を、ユーザー様にどのようにお使い頂きたいか、その想いを販売代理店様向けに綴って参ります。

のぼり旗にとって最も重要な「デザインという要素」をお客様に丸投げし、責任放棄とも取れる安売り合戦は結果的に「のぼり旗の価値」を底まで下げる現状を作りました。
弊社は、のぼり旗の正しい価値の復活を目指し、既製品のぼり旗メーカーの意地と誇りを、このブログで示していこうと考えています。

都内某所の海鮮が自慢のお店さんへ。

店頭幕を上手に設置しているなと感心しながら見ちゃいました。

魚じんさんです。























やっぱり店頭幕はお店の顔ですよね。


お店の設計の段階では暖簾をつける予定だったのですが、店頭幕に変えたみたいです。

参考になればと。

このお店は大将が市場に行って納得の出来る魚しか仕入れない安心のお店です。

テレビにも紹介された名店です。
今日は店頭幕の写真だけでしたが、次回は料理写真なんかも紹介します。

個人的には、長いお付き合いのお店の[魚じん]さんでした。

居酒屋さんの超激戦区新橋!

激戦区でもまれているだけあって、新橋の居酒屋さんはレベルが高いね。

安くて美味い(笑)





















居酒屋 三蔵さん








 












入り口のボードをこれでもかというくらい有効活用(笑)























生本マグロのブツ刺し 680円






















運が良ければトロの部分が当たります(笑)






















赤身も最高ですよ。






















人気のローストビーフはボリューム満点。


とりあえずメニューが多い。























焼鳥は鉄板だね。






















さつまいものスティックがまた美味い。






















若い店長さんでしたがとても接客上手です。


本当は、この暖簾を紹介したくて記事を書いてます。

店内暖簾は絶対必要ですよね!

料理・接客・店内の雰囲気と競争に勝つには、理由がありますよ。
居酒屋を経営している方は1度は新橋のぞいて見て下さい。

絶対参考になるはずです。

日々進化してますよ。

肉そばってわかりますか?
今日は山形県河北エリアの名物 肉そばの紹介をします。

そば王国の山形県の中でもかなり変わったお蕎麦ですよ。























まるとさんというお店にお邪魔しました。


冷たい肉そばと温かい肉そばがありましたが、定番は冷たい肉そばみたいです。

この肉そばとは、普段食用に使わない親鶏を使用して出汁を取ります。

かなり味がありますよ。
お肉はかなり固めだが美味しい。

親鶏の出汁に醤油ベースの冷たいスープが喉越しにいいです。

今ブームの肉そばとは少し違いますが、
これもありですね。

地元の人のソウルフードです。

お店の方にブログにあげていいですか?と尋ねると
とってもいい笑顔でオッケーをもらいました。

残念ながらのぼり旗は当社のではなかったですが(笑)


今度はこんな商品どうですか?


商品No.SNB-4431
肉そば


あと、こんなデザインもありますよ。


商品No.21140
冷たい肉そば

お店の方この記事見てくれるといいですが(笑)

↑このページのトップヘ